No Reg No Life

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Reg No Life

後悔しない人生なんてない。20代を後悔しない人生を送る為の術をお送りします。仕事術、転職活動、ライフハックなど

メリット・デメリットがわかる!半年で辞めた僕が、転職エージェントを実際に使ってみて感じたこと

f:id:muromatsus:20161121160033j:plain

転職エージェントって実際に役に立つのかどうか不安ですよね

 

どうも、転職活動中のむろまつです。

 

みなさん転職エージェントって知ってますよね。

転職の際に、協力してくれる無料の紹介サービスのことですね。

でも、実際に役に立つのかな、本当に無料なのかな、とか

わからないことは山程あると思います。

正直、転職エージェントのサイトを見ても、同じようなことが書いてあったり、

未公開求人多数!とか書いてあってもなんのこっちゃって話ですよね。

また、入社後半年で辞めたけど使えるのか、とか第二新卒でも求人あるの?とか

たくさん悩みがあると思うので、それを今回経験談から解決していきます。

※全て僕の経験談から話しているので、他のサイトとは違ったことを言っている場合もありますが、ご了承ください

 

 

転職エージェントとはなにか?(おさらい)

転職エージェントとは、登録をすると完全無料で転職相談に乗ってくれて、企業の求人紹介から面接のセッティング、給与交渉など転職に必要なサポートをしてくれるサービスのことを指します。

なぜ無料かというと、転職エージェントはあなたが入社すると企業から謝礼(紹介料)として年収の30%前後に当たる額を受けとっているからです。 

転職エージェントとは|1から理解し使いこなすための全知識

 

僕が感じた転職エージェントのメリット

実際に、転職エージェントに登録してもメリットあるのかな。

連絡が多くきて、無理やり求人紹介されるんじゃないの?と様々な不安がよぎると思いますが、それを超えるメリットが転職エージェントにはあります。

転職エージェントに登録するメリットは3つあります。

まるで、カウンセラーのように転職の相談にのってくれる

転職エージェントには、僕自身、本当に助けられました。

辛い時も親身に相談にのってくれるからです。正直転職という枠を超えている所もありました。

本当に申し訳ないですが、僕は転職エージェントを通して応募した面接をドタキャンしたことがあります。メンタルが相当やられてしまっていて、行くことができませんでした。当然転職エージェントさんには多大なご迷惑をおかけしました。

でも、転職エージェントさんは、面接をドタキャンしたことを怒るのではなく、なぜ面接をドタキャンしたのか、メンタル部分が大丈夫なのか、今後面接に向けてこういう気持ちで臨むといいよという前向きな話をしてくれました。

本当に助かりました。こんな相談が無料で受けれるのだから、これだけでも登録してもいいぐらいです。

 

選考状況を管理してくれる

実際には、いつ面接を受けるのか、今何次選考なのか、自分の中の志望順位はどうなのか、など様々な質問を投げかけてもらい、選考状況を管理してもらうことができます。

マネージャーみたいな存在でした。とても心強かったです。

面接のFBがもらえる

面接が終わった後、先方から受け取ったFBを聞くことができます。落ちても受かっても聞くことができます。これは、転職サイトから応募とは一番違う点だと思います。

FBがもらえるととても今後の面接がやりやすくなります。

落ちた場合であれば、どこがまずかったのか、態度・質問内容・熱意が足りないなど具体的にFBしてもらうことで、今後の面接に確実に活かすことができます。

受かった場合であれば、2次選考、3次選考がとてもやりやすくなります。というのも、相手がどこを評価してくれるのがわかるし、さらに不安な点もわかります。

つまり、効率的に面接対策を行うことができるので、通過率も必然的に上がります。

 

僕が感じた転職エージェントのデメリット

連絡が面倒

書類選考後、面接前、面接後など様々な場面で連絡を取らないといけないので、

転職エージェントと連絡を取る回数が必然的に多くなり、正直面倒です。

毎日のようにエージェントから電話がかかってくると覚悟してください。

アドバイスが的確じゃない時もある

僕が最初に言われたのが、書類選考通過率が1割程度しかないからとにかく応募数を増やしなさいと言うことでした。ただ蓋を開けてみると、書類選考通過率は5割を超え、面接の為に、日々予定がパンパンになってしまうという事態になりました。

この経験から、転職エージェントのアドバイスが的確でない時もあります。

適当な転職活動はできない

転職エージェントを通して、適当に転職活動をすることは難しいです。エージェントさんと連絡を毎日のように取らないといけないし、エージェント側も転職させたいわけですから、あなたにそれ相応の努力を求めます。その期待に応えられるぐらいじゃないとエージェントを使った転職活動は難しいです。

転職エージェントに登録する必要あるの?

入社後半年で辞めても、第二新卒でも、転職エージェントに登録する必要はあると断言できます。ていうか、してください。

理由は、以下の2点です。

・退職理由や志望動機を伝え方を具体的に教えてくれるから

・未だ市場価値があることに気づかせてくれるから

というのも、やはり入社後半年で辞めたり、第二新卒で転職を行うとなると、

企業側は取ることに躊躇しがちです。今後、また辞めないかという所が不安だからです。なので、転職するこちらとしては、

もう辞めませんよ!生半可な気持ちで辞めたんじゃなくてやりたいことがあるから、前向きな転職なんだよ!ということをアピールしなければなりません。

この退職理由や志望動機の伝え方が最初は難しく、正直に言うだけでは、うまく選考を突破することができないです。その為、プロである転職エージェントに志望動機や退職理由を添削してもらうことが必要になってきます。

 

また、入社後半年で辞めたり、第二新卒で転職を行うとなると、

「自分には価値がないんじゃないか」と思いがちです。

こんな人材を取るところなんてないから適当に入りやすいところにしようとしてしまいます。それは、非常に勿体無いです。

あなたには絶対に価値があると思ってください。そして価値に気づかせてくれるのが、転職エージェントの役割でもあります。

ぜひ転職エージェントに支えてもらいながら、転職活動を行ってください。

 

あなたに価値はあるとわかってもらえるようなサービスがあります。

以下を参照してください。 

www.noregnolife.com 

エージェントから紹介される求人っていい求人なの?

第二新卒の場合、エージェントから紹介される求人は中小企業が多くなると思います。

中小企業側も、第二新卒を取りたいが、知名度がない為、転職サイトに掲載していてもあまり応募者が集まりません。そこで、転職エージェントから紹介してもらい、ある一定数の応募者を集めようとしているからです。日本に名の知れていない中小企業はとても多くある為、必然的に中小企業の求人が多くなります。

実際にいい求人かどうかは、本人によりますが、残業がとても多かったり、俗に言うブラック企業を勧められることはないです。

というのも、転職エージェント側も、就職してから半年経たないと、企業側から紹介料を頂くことができないというルールがあるからです。その為、転職エージェント側も、すぐに辞められてしまっては元もない為、長く働くことのできる企業を紹介してくれます。

 

まとめ

僕の経験談からして転職エージェントは活用するべきです。

・まるでカウンセラーのように相談にのってくれる

・選考状況を管理してくれる

・面接のFBがもらえる

・志望動機や退職理由を添削してくれる

・あなたに市場価値があることに気がつかせてくれる

・長く働くことのできる求人を紹介してくれる

 

いくつかデメリットもありますが、それを上回るメリットがあって、

さらに無料なので、ぜひ転職したい方は活用するべきです。

↓実際に使用した転職エージェント

以上、メリット・デメリットがわかる!半年で辞めた僕が、転職エージェントを実際に使ってみて感じたことでした。